2012年06月

2012年06月26日

北陸甲信越インターナショナルドッグショー

さて、もったいぶるほどの内容ではないのですが、長野でのショーのご報告。
実は今、スパーキーはアジリティーをやるべく、修行にでております。
アジの修行と言っても、まだ道具にマーキングしないとか、呼び戻しとか、そんな感じで、練習に参加する為の練習といった感じです。
でも、先生もまんざらではないらしく、結構仲良くしてもらっているらしいです

そんな訳で、バズだけ参戦。
久しぶりに大きなショーでバズと歩きました。
この会場は一度来たことがあって、スキッパーキの牡はバズ1頭のエントリーで、まだ、当たり前の様にグループ戦まで参戦していましたが、歩かせるのがやっとの様な状況でした。
外に並ぶ発電機にびびりまくっていたのを思い出し、試しに発電機の横を歩いてみましたが、全く動じませんでした。
変わるものですねぇ。。。
MAH02199_03923
触審では、ハンドリングコンペ(千葉の)の反省を生かして、無駄に手を動かさない様に心がけました。
バズも頑張ってくれて、そこそこいい感じ。
続いてのアップダウンでハプニング!!
MAH02199_04766
急にバズがコントロール不能になり、全く歩かなくなって、暴れる始末。
練習のつもりで参加してショーだったせいか、さほど焦りはなかったものの、引きずるようにしか前に進めない状態
で、よくよく見たら、なんとリードが耳に引っかかってました
ごめんよバズ、全然気がつかなかったよ。。。
その後、ジャッジからもう一度歩くようにとの支持
ちゃんと見てくれてプチ感激
MAH02199_05470
MAH02199_05626
MAH02199_05971
その後はいつになくテンションも高くて、課題の顔もまぁまぁ上がり気味。
本当は、もう少しぐぐっと頭が上がりたいところだけれど、私のハンドリングが未熟なので仕方なし!!
で、なんとなんと、ウイナーズいただきました
これは本当に嬉しい出来事です。
私がバズと歩いて初めていただいたウイナーズです。1頭1番のBOBは何度もあるんですけどね。
しかも、バズはこれが最後の平場。次回からはチャンピオンとしての出陳になりますから、また緊張。。。
MAH02199_08896
MAH02199_09237

その後、チャンピオンと対戦して負けてしまいましたが、これは想定内です。
8月9月のクラブ展には出陳したいので、今はまだこれでいいのです。
でも、この日はギャロップもしないでいい勢いで歩いてくれました。
引いていて気持ち良かったです。
課題はフリーステイと私の蟹股(笑)
始まる前は、蟹股気をつけ様と思うのですが、夢中になると忘れちゃうんですよね。。。
フリーステイは、カレンダーのスキッパーキがバズっぽい体系で、でもとっても綺麗に立っていたので、真似してみたら、なかなかいい感じでした。
その形が定着するように意識して練習しようと思います

この日は師匠の感動的なハンドリングを目の当たりにしました。
若い師匠ですが、本当に貫禄があって、そのショーに対する姿勢というか、ハンドリングに対する姿勢というか、犬と向き合う姿勢というか、兎に角素敵でした。
出会った頃は、ちょっと人間不信だった私には、この人はなんで私ごときにこんなに一生懸命教えてくれようとするのだろうかと不思議で仕方ありませんでしたが、ジュニアの指導をボランティアで一生懸命されているのを見て、本当に好きなんだなぁとつくずく思いました。
その気持ちにこたえる様に、私もショーを楽しんでいきたいなぁと思ったのでした。

天気が良かったので、外で撮影。
おもいっきり逆光でした
IMG_0613
IMG_0615




harutokimiyo at 18:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月22日

久しぶりに犬以外のこと。。。

今週は頭から徹夜が続いて大変だったぁ。。。
厳密に言うと、日曜日に長野でショーだったので(そのご報告は次回) 土曜日からなんとなく寝ていない感じ
私はO型の天秤座で、基本的には平和を好むタイプのはずなんですが、結構、理不尽だと思った事に対しては何かしらしないと気がすまない。
でも、いつも出来るだけ逆の立場だったらと考え直して、自分が頭に来ている事がおかしくはないか、自問自答はしてみる事にしている
でも、人って本当にそれぞれと言うか、常識もそれぞれだから、合わない人とは分かり合う事は難しいんだとつくずく思う。
逆に、自分では何でも無いと思っている事で相手の気分を害してしまったり。

実はこの年にして、犬が4頭いて、車(安い中古)があって、一軒家(住宅ローンが大変) に住んでいると、結婚する気はないと思われがちなのですが、御縁があればいつでもとは思っているわけです。
で、紹介していただいた方がいたのですが、結局、会うに至りませんでした。
上司のお友達の紹介だったので、難しそうな方だなぁとは思っていましたが、会ってみない事にはと、楽しみにしていたのですが、先方のちょっとびっくりする豹変ぶりで会う前に終わりました。
まぁ、先方も、いろんな事情やトラウマもあるのかもしれませんが、正直あまりに大人げなくてびっくりしました

本当に素晴らしいなぁと思う人の出会いがある一方で、 自分の感覚では理解に苦しむ人との出会いも、それはあるよなぁと、しみじみ思いました。
でも、そういった事も含めて、私は人に出会う事はとても嬉しい事だと思っています。
続く縁と、続かない縁があるけれど、自分から切ったりはしません。
何があるかわからないから

もう20年前も前に出会った、ある宗教をやっている女の子が先日突然我が家にやってきました。
私は宗教とか絶対無理だし、その子の言っている事にも若い頃はいつも真面目に反論していました。
でも、久しぶりに会ったらなんだか懐かしくて、本人にははっきりと「宗教は興味ないから」と伝えた上で、昔話などを楽しみました。
私にとっては何の意味もない宗教も、その子にとっては大きなもので、宗教に出会ったおかげでこの子は凄い頑張れたんだなぁと、素直に思えて、その子の頑張りは素晴らしいなぁと思ったので、迷惑をかけられない以上は、多少しつこいくらいは何でもないと思える。
そんな付き合いも良いではないかと 

専門学校の先生が定年退職されるとの事で送別会&同窓会の通知が実家に届いていた。
私に連絡が来たのは申し込み締め切りを過ぎてからだったし、どうせ行けなかったけど、幹事に懐かしい名前が並んでいて、まだうっすらと顔のイメージが思い浮かんだ。
会ったらきっと分からないだろうけど。。。
同業者は何人くらい残っているのか、気になった。
先生からすれば、私がまだこんな仕事をしているとは思ってもいないだろうけどね

このブログを読んでいる方はご存知の通り、私は文章力が無いので、メールで誤解を生む事もあるし、電話も、あんまり得意ではない。
やっぱり、ちゃんと面と向かって話すのが一番安心する。

これも大分昔しの事ですが、キレッチで有名なカメラマン兼監督の方とお仕事をした時に、本当にキレッチで大変だった。
「そんな事、私に言われても。。。」 と言う事ばっかりで、お手上げ状態だったけれど、その人が帰り際に「ありがとう」と、顔はキレたまんまだったけど、
ボソッとそう言って帰っていった事が今でも忘れられない。
それからたぶん、ありきたりだけれど、「ありがとう」 という言葉が好きな言葉になった。

苦手な人はいるけれど、嫌いにはなりたくないなぁと、どこかで思っていたりする。
考えすぎると面倒になって、考えるのやめちゃうんどけどね。

あ、なんか、占いでもそんな事言われていた様な。。。

今日、会社でちょっとイライラしたので、こんなブログになってしまいました。
次回は北陸甲信越インターのご報告をします。
長くなりましたが最後に。
甥っ子の誕生日に「はんこ屋おかめ」さんにハンコを作ってもらいました。
で、それを使ってマグカップに焼いてみました。
もうちょっと鮮やかな色です。
はんこ屋おかめさんありがとうございました
IMG_0624

 


harutokimiyo at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月05日

ルナ7歳になりました。

昨日、6月4日はルナの誕生日でした。
プレゼントはゴーグルとケーキ。
本人はゴーグルなんて迷惑なんでしょうけでね
IMG_0590
IMG_0598
IMG_0599
IMG_0600
IMG_0592
IMG_0593
IMG_0604
IMG_0603

早いものでもう7歳です。
驚異的な身体能力をなんとかいかそうと、アジリティをやる子にしよう!!
と思ったものの、当時はクラブをさがすでも無く、漠然とそう思っているだけでした。
今のクラブに来て、やっと本格的にアジリティーをする事になったのですが、ハンドラーが不器用で、なかなか思う様にできないうちに、堪え性の無いルナさんはつまらなくなってしまった様で、これから!!と言う時にはもう7歳です。
でも、若い頃よりだいぶテンションは下がってきましたが、それでもまだ、人の笑いをとれるくらいの爆発ぶりです。
昨年から、本人は元気なのですが、歯医者や目医者や、病院にかかりました。
元気なのだけが取り柄なのですから、これからもず〜と元気でいてほしいものです



harutokimiyo at 14:02|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2012年06月04日

2012FCIインターナショナルアジリティー競技大会

土曜日はルナとアジリティー本部展に参加してまいりました。
最近は練習でも全くやる気の無いルナさん。
練習で全然走らないのに、本番は超テンション高くて、普段からそんな練習はしていない私は、すっかり対応できないという情けない状態が予測されました。
案の定、JPはまっすぐに置かれた3番ハードルをシカトして、右手のトンネルへ。。。
あれやこれやと作戦を練ったのは何の意味もありませんでした。
もう腹も立たない状態で、次回の練習からはちゃんとオビを入れようと、今更ですが心に誓ったのでした
そんな状態からのAG。
コースはいたって簡単。
練習通りなら、ちゃんと出来るはず
しかしながら、簡単だからこそ緊張するのです。
そろそろ緊張しないで走りたい所ですが、自信の無さが緊張に繋がってしまうのです。。。
ルナの事も信用出来ないし。。。

しかしながら、午後になって、少し疲れて落ち着いたので、失敗はするし、遅いし、ですが、なんとか見分通りに走る事ができました。


おそ
とろいので、ドッグウォークのタッチを大丈夫と油断したのですが、とろい時程、タッチは飛ぶそうで、次回からはより丁寧にと反省しました。
とろいながらもそこそこ真面目に走っていたルナさんですが、何故かスラロームでよそ見
まぁ、ハンドラーの課題である先行スイッチもなんとなくチャレンジできたので、今回は良しと言う事で。。。
相変わらずレベル低すぎですが 
おもいっきり膨らんでいるのと、スラロームを修正すれば、なんとかCRが見えてくるのかな???
このくらい遅いとハンドラーも落ち着いて出来るのですが、それじゃあ面白くないので、結局ただただ練習あるのみなんですねぇ。。。

本日の応援団。
IMG_0572
IMG_0573


 

harutokimiyo at 12:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0)