仙台2Days(その2)明治公園とサマーランド

2011年11月01日

ルナの歯

29日はルナの歯の手術でした。
診察していただいたのは9月10日。
気がついたら犬歯の表面が欠けて神経が見えている状態でした。
Rikaさんからもお勧めで、Kさんに教えていただいた、奥田先生に診ていただく事に なりました。
前情報がいろいろ入っていたのでかなり緊張しながら診察を受けたのですが、先生の説明はとても解りやすく、ルナの為には本当に良かったと思えたのでした

しかしながら、犬歯の他にも問題が沢山あって、特に歯周病は結構ひどい事に。。。
小さい頃から、歯には気を使ってきたつもりでしたが、うまく歯磨きができなくて、ジェルを使ったり、ガーゼを使ったり、液体を使ったり、でも、効果が無かったら意味が無い訳で、結果、今回の様な事になってしまいました。
確かに口が臭かった

9時に病院に伺って、なにやらかにやらで10時位から治療開始。
ルナは麻酔は初めてだったので、血液検査は事前に掛り付けの病院でしていただいて、「6歳にしては素晴らしく、何の問題もありません」とのお言葉をいただいておりました。
治療はドアを開けたまましてくださっていて、私もずっと見ている事ができました。
レントゲンを撮ったら、状態はたいそう悪くて、結局全部で6本の歯を抜く事に

犬歯はお願いして残していただく事にしました。
しかしながら、歯周病が酷いので、半年に一度治療にくる事が条件でした

2時間程でしょうか。治療が終わり、ルナが麻酔から覚めるのにそう時間はかかりませんでした。
あっという間に犬歯も奇麗になり、先生方には感謝でいっぱいです。
奥田先生からは、改めて歯磨きの重要性と歯磨きのやり方の説明をしていただきました。

奇麗になったルナの歯
DSC01951

いやぁ、本当に奇麗にしていただきました。ありがとうございました。
これから先生との約束通り、歯磨きを頑張って、この状態を維持しないといけないです
ルナさんもよく頑張りました

先生から進められたジェル
DSC01952
歯磨きの難しい奥の方の歯の為に

「抜いた歯はお持ちになりますか?」と聞かれたので「はい!」と答えると、こんな可愛いケースに入れてくださいました。
DSC01953


中身はグロいです。。。。
DSC01954

歯は奇麗な方がいいに決まってるし、口が臭いのは嫌だし、でも何より、ばい菌が入って、顔が腫れたり、あごが溶けたり、大変な事になるんです。
気をつけていたつもりでも、うまく歯磨きができていなかったせいで、結構な出費となりましたが、歯磨きの重要性を再認識できただけでも良かった事とします。

先生方、本当にありがとうございました。




harutokimiyo at 17:44│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by タムとまさる   2011年11月02日 23:53
あんなに小さい体のわりに、歯は一つ一つ大きく見えますね^^
タムの歯もみてみよ~っと^^
2. Posted by 炎のファイター   2011年11月04日 19:05
ルナちゃん、大変なコトになってたんですねぇ・・・

レイスもセッセと歯磨きに励んでいますが、
ちゃんと磨けているのかは不安ですねぇ・・・

気をつけてあげたいと思います。

しかし・・・

抜いた歯のお持ち帰りとは・・・

病院側も慣れたもんですねぇ
それだけ、歯の疾患を抱えたコが多いって事ですよねぇ
3. Posted by kimi   2011年11月07日 12:50
タムとまさる さん
悪くなってからでは大変です。
マメにチェックしてあげてくださいね!!

炎のファイター さん
磨くのが難しい奥の方の歯の方が重要だそうです。
なかなか、歯磨きの認識がない飼い主さんが多いのかもしれないですね。。。
私も以後歯磨き頑張ります!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
仙台2Days(その2)明治公園とサマーランド