2011年10月04日

トロフィー頂きました!

10月2日は埼玉インターでした
IMG_2237

そしてこの日はハンドリングコンペの本戦の日でもありました
DSC01781

昨年、D組 の予選に出場。まぐれで1席を頂き、本戦に出る資格をいただきました。
いったんは震災の影響で中止となった本戦がこの会場で行われる事になったのです。
そもそも級をとりたいとか、そういった気持ちがあったわけでもないので、本戦に出るかどうかは少々悩んだのですが、Rikaさんに言われた「出たくても出られない人もいるのだから!」でとりあえず出てみようと決めたのでした。
そんな状態だったので、実は予選の後、審査員の先生に「兎に角練習してください!」と言われて、練習しなければ!!と思ったにもかかわらず、前日に教本をみて勉強しているような現実でした
でも、ただたださぼっていた訳ではなく、時間ができたおかげで実践を積む事ができましたから。。。
そして、その結果?なんとなんと、本戦で1席をいただいてしまいました
これもRikaさんや、応援してくださっている方々のおかげです。
感謝感謝です
DSC01862
03
バズさん、何故か川越の時って毛が無いんですよね。。。
04
ハンドリングコンペを語るほどハンドリングコンペの事を分っている訳ではないのですが、
ショーと違って、ハンドラーの技術を見るコンペな訳です。
なので、兎に角、基本に忠実に、丁寧にハンドリングする事だけをこころがけました。
撮っていただいたビデオや写真を見ると、思っていたより全然駄目で反省点がよく見えます。
マリンぱぱ、ファルコぱぱ、Rikaさん御一家に感謝です。
ここの所、家で何故かバズのテンションが高くて、前日の練習などは本当に良い感じでした。
さすがに本番は同じテンションは保てませんでしたが、相変わらず、発電機の音にビビリまくったりしながらも、本番、そこそこ安定してきました。
私も少しは雰囲気に慣れてきた事もあって、少しは見せ方などに気を配れる様になってきました。
アジリティーと同じで、正解ではないにせよ、駄目な事や、犬の動きなどを考える様になってきたといいますか、簡単に言うと、出来ない事を犬のせいにしなくなってきたのではないかと思うのです。
だからと言って、ではどうすれば良いのかという答えにはたどりつきません。
まだまだそんな段階です

胴が短く見える様に立たせたり。。。
DSC01822

スタンダード本に書いてある通り、尻尾を下げてみたり。
DSC01830
とか、バズさん頑張って、いろいろ試せるくらいまでコントロール出来る様になってきました
触審は相変わらず苦手で、腰が引けてしまいますが、それも理事長賞の時にはなんとなく対処の仕方が分った様な気がしました。
次回、試してみます

午後からは理事長賞です。
と言っても、私も何をするのやらさっぱり分らなかったのですが、ABCD組の各1席の人のみで歩くのだと。。。
かなり嫌な感じです。
しかも、D組はL字とかT字とかが無いとの事で、練習はしていなかったので、大焦りでRikaさんママに教えていただきました。
理事長賞も良い経験になりました。しかも、A組の1席はRikaさんでしたから、師匠と同じフィールで歩く事ができて、それは感激でした。
神様が金欠な私の為に、最短で経験をさせてくれたのかと思うくらいラッキーでした。
後から思ったのですが、Rikaさんにスパーキーを引いてもらって、私がバズを引いたら、理事長賞にスキッパーキが2頭なんて面白い事になってたなぁと。。。
またそんな機会が巡ってくる様に頑張ります。

因に、朝一のショーの方は、今回、コンペもあったのでバズのみの出陳でしたが、やっぱりミックに負けてしまいました。
でも、朝が一番良く歩いてくれて、気持ちよくハンドリングできたので良しとします。
ミックはこれでチャンピオン完成ですね。
おめでとう!!
あと、プロハンのKさんがパピーを引いてました。
これまたお勉強させていただける感じですかね。

この日ホワイトウエルではコンペが開催されていて、私はショーに申し込んでしまっていたので、参加できなかったのですが、夜の海鮮パーティーだけ参加させてもらいました。
北海道からのお野菜や海鮮をしちりんで焼いて、最高においしかったです。
私はその後も予定があって、先にお店を出たので食べる事はできなかったのですが、北海道から送られてきたポップコーンには驚きました
DSC01869
結構、固いんです。
DSC01877
前日の練習のときに食べたポップコーンはこんな状態だったのですねぇ
準備をしてくださった先生、Qさん、けむりやさん、ご馳走様でした 


harutokimiyo at 21:31│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たこすけ   2011年10月04日 22:41
すごーい!!!!!
2. Posted by ビート父   2011年10月04日 22:41
素晴しい
オメデトウございます
容姿だけを見るんじゃ無いんですねなんだかハンドリングも難しそうですね
何はともあれオメデトウございます
3. Posted by kimi   2011年10月05日 12:33
たこすけ さん
ありがとうございます。
まぐれと言うか、ラッキーと言うか。。。
でも、トロフィーもらうとなんかテンションあがりますね

ビート父 さん
ありがとうございます。
ショーは犬の容姿やキャラクターを見るんですが、ハンドリングコンペはハンドラーの技術を競う感じなんです。
アジのハンドリング技術も、もうちょっとまともになると良いのですが。。。
欲が無くて、精神的に落ち着いてできたのが良かったのかもしれませんね。
プレッシャーに弱いですから

コメントする

名前
URL
 
  絵文字