順調に育っております。SchipperkeのSparkie

2011年05月09日

悲しいご報告

ずっと記事を書く事ができないでいたのですが、そのままという訳にもいかないので
ご報告させていただきます。

4月27日に断尾をしたのですが、それがきっかけで子犬が3頭亡くなってしまいました。
今も記事を書きながら手が震えています。

断尾なんかしようと思わなければ、今頃は目も開いて可愛い元気な子犬の写真をUPできたかと思うと、子犬にもルナにも申し訳ない気持ちでいっぱいです。

28日に雄2頭が亡くなり、頑張っていた雌も30日の朝に逝ってしまいました。

本当に辛すぎて、なんでこんな事になってしまったのかと後悔するばかりです。

火葬場から帰って、我が家の代々の犬のお墓にルナと一緒に行って子犬たちの事をお願いした後、辛いのでルナを連れて東京に戻りました。
家ではケージの後を子犬を探していたルナですが、東京に帰ってくると、まるで何も無かったかの様に元気になってくれて、それだけが救いでした。

いろんな方に励ましていただいて、私も記事を書けるまでになりました。
でももし次に子犬が産まれたとしたら、絶対に断尾はしません。

迷ったのですが、この子達の事を忘れない為にも写真を載せます。
断尾に行く前の元気だった頃の写真と、最後に、最後のお別れの時の写真です。
IMG_1504IMG_1509IMG_1510IMG_1511IMG_1512IMG_1513IMG_1514IMG_1516IMG_1518
体重も今までで一番重かったし、よく動く元気な赤ちゃん達でした。
まだ目も開かなかったので、まるで眠っている様です。
我が家の犬の中では唯一出産経験のあった秋田犬のはな子にお願いしたからきっと大丈夫。
痛い思いをさせて本当にごめんね。
0421
やっぱり写真を見ていると涙が出ちゃいます。。。


harutokimiyo at 11:12│Comments(7)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Rika   2011年05月09日 17:36
きっと虹の橋の向こうで、ルナやバズ、ハル。そして、次来る子達の事を見守っていてくれるはずですよ♪”可愛いね♪”愛おしいね♪”命って、儚いよね。

だけど、きっとまた会えますよ。
その日を、きっとこの子達も待ってると思います。

『さよなら』じゃなくて『また、会おうね♪”』
いつも私は、そうやって亡くなる命を送ります。
亡くなったけど、生きてる。

想い出になっている以上は、生きてるに代わりはないものです。

きっと教えてくれたんです。命を張って…何かを。

だから『ありがとう』ですね♪”

私も、また会いたいな♪”楽しみですね♪”

寂しいけど、その子達の為に沢山涙流したら、次はその子達とバズ・ハル・ルナとニューフェイスの子達と一緒に笑いましょうね♪”

アジの時ももショーの時も、ずっと傍で見守っていてくれるはずです♪”風が、心地いい時はチビたちの存在を感じて見て下さい♪”くさい?かな(笑)”
2. Posted by 炎のファイター   2011年05月09日 19:08
驚きでいっぱいです。
こんな事ってあるんですね・・・

仔犬を亡くしてしまった時、つい自分を責めてしまいますが、
kimiさん、あまりご自分を責めないようにして下さいね。

「仔犬ちゃんがあまりにも可愛いので、神様が早く自分の元に呼び寄せたんだ。そう思うようにしよう。」って、何かで読んだ事があります。

そうそう・・・
『虹の橋』とやらがあるそうなので、先に旅立ったコ達と一緒に、仔犬ちゃん達は楽しくやっているハズです。

寂しいでしょうが、ハル君、ルナちゃん、バズ君、
そして、新顔くん達の幸せは、kimiさんに懸かってますからね!
頑張ってくださいね!
3. Posted by    2011年05月09日 23:48
お久しぶりです。
幸村の飼い主の紅です。オフ会の際にはお世話になりました。

kimiさんのお気持ちを考えたら軽々しくコメントしたはいけないものと思いますが、kimiさんが落ち込まれていないかと思ってしまって。

皆さんのコメントにもありますように『虹の橋』で私たちを待っていてくれることと思います。kimiさんに愛されたワンちゃんたちですもの。
4. Posted by こじママ   2011年05月10日 09:08
お久ぶりのコメントがこのような記載になるとは思ってもいませんでした。驚きでいっぱい・・・

ブログや皆さんのコメントを見まして涙がとまりませんでした。

kimiさんの気持ちが手に取るようにわかります…

皆さんのおしゃるようにルナちゃん・ハル君・バズ君・新顔ちゃんを幸せに育ててあげて下さいね。

がんばって!!!!!

5. Posted by Tanuko   2011年05月10日 09:38
しばらくご無沙汰している間に、こんなことがあったなんて・・・ ご自分を責めるお気持ちはよく分かります。
けど、後悔し続けるより、いつか虹の橋のたもとで会える日まで、子犬ちゃんたちのことを忘れずにいることが、一番の供養になると思います。そして、今いるワンコたちが幸せでいられることが、最も大切なことですよね。今まで犬たちを一杯愛してきたkimiさんなら大丈夫。
6. Posted by かりんママ   2011年05月10日 17:49
こんにちは。
生き物を飼うということその命に責任を持つことの重大さがkimiさんのブログからひしひしと伝わってきました。
我が家にもかりんをはじめ、オカメインコやセキセイインコ、息子が飼っている石亀やトカゲ達がいて、日常の中では命はあって当たり前で、元気一杯の子達と過ごしていると、いなくなった時の事まで考えがなかなか及びませんが、実はその瞬間に学ぶことがたくさんあると感じます。

落ち着かれたらまたブログ書いて下さいね。



7. Posted by kimi   2011年05月11日 20:42
皆様

暖かいお言葉をありがとうございます。
おかげ様で、私もルナも元気にしております。
ルナは元気過ぎて心配になるくらいです。
先送りにしていたルナのワクチンが打てる事になったので、
成城の獣医さんに行ったのですが、子犬の事を話さない訳にはいかなくてお話した所、
あまり考えられない事だと言われました。
二度と同じ事が起らない様に、どうしてこうなったのかを考える必要はあるかと思うのですが、皆さんがおっしゃるように、後悔ばかりはしていられません。
17日にはスパーキーもやってきます。
私も子犬に教えてもらった命のはかなさと、それを預かる飼い主の覚悟を持って、頑張って行こうと思います。

コメントありがとうございました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
順調に育っております。SchipperkeのSparkie