頂き物とお絵描き教室厚岸の牡蠣と今月のお絵かき教室

2010年10月19日

第6回ドッグセミナーに行ってきました。

いろいろ書きたい事はあったのですが、先に10月16日17日に富士Clamで開催されたセミナーに今年も参加して来ましたので、その後報告。
http://sheltieclub.net/seminar/index.html
昨年は1日目はバズとハンドリングの講習を受け、2日目はルナとアジリティーの講習をうけました。
で、成果発表で「アジリティークラス 初心者 R・ハンドラー」をいただいてしまいました。それ以降、その時の様な走りをしてくれなくなってしまったルナさんですが、来年はまたルナと挑戦したいなぁ。。。
10700e9b.jpg
8f0958cf.jpg

そんな訳で、ルナがいないので今年はバズと2日間みっちりハンドリングのセミナーを受けました。
ハルと訓練の講習とか、思い切ってディスクとかも考えたのですが、結局今回もハルには我慢して待ってていただきました。
IMG_1074
IMG_1079
IMG_1086
ハルさん「つまらない」が顔に出てます。。。

お天気も良くて、バズは2日間頑張ってくれました。
DSC00494
IMG_1075
昨年のセミナーの時よりも私も少しはショーの様子を分かってきた常態での参加だったので、今回は昨年よりもさらに充実した2日間となりました。

今まで、バズが上手く歩かない。バズが気が弱い。等々、バズのせいばかりにしていました。
もちろん、プロのハンドラーさんに牽いてもらった時は全然違う子になっているとは思っていましたが、ここまでかと思うほど、私が駄目駄目だという事を思い知らされました。
初心者の小型犬を見てくださった先生が、バズをいい子だと言ってくださいました。
そう言えば私はバズの良くない所ばかり気になって、あまりバズをいい子だと思って見てあげていなかったなぁ。。。
でも不思議な事に、このセミナーの間は、バズの事をいつもよりもっともっと好きになりました。
そしてとってもいい子だと思えました。
20101017110945(1)

20101017111004(2)
先生とですが楽しそうに歩いています。
フリーステイもちょっとまだ足は完璧には揃わなかったりしますが、頭の位置も高いし、前傾姿勢になっています。
リードもゆるいし。。。

顔の上げさせ方。リードの持ち方。ハンドラーの姿勢。テンションの上げ方。
先生に、どういうイメージなのかを聞かれました。
私のイメージはやはりウエストミンスターやクラフトの映像で見たような、颯爽と走るシッパの姿。
でも甘えん坊な感じも垣間見えて、たまにハンドラーの様子を気にかけたり。

結局、肝心のコンペの時には失敗して悔しい思いをしましたが、その事も含めて本当に有意義な時間を過ごす事ができました。

夜には講師の先生が実際にレッスンしている映像を納めたDVDの上映会が解説付きであったり、懇親会の時にはアジの世界大会の映像、そして災害救助犬の世界大会の映像なども先生の解説つきでありました。

ヒルズ杯(成果発表)の授賞式の後は昨年はなかったのですが、今年は豪華商品が当たる抽選会もありました。
因みに私は残念賞のおもちゃのみでしたが。。。

授賞式も昨年同様涙涙の感動的なものでした。

訓練、アジ、ショー、どのクラスでも先生方が一貫しておっしゃっていたのは、兎に角「楽しく!!」
訓練をする事。アジをやる事、ショーをする事。
犬が飼い主といる事を楽しいと思う様になると言う事が大切だという事でした。
簡単な様でとても難しい。でも、それができたならなんでも出来そうとも思えてきます。

来年は10月15,16日だそうです。
興味のある方は是非!!

事務局の皆さん。講師の先生方。本当にありがとうございました。
来年も宜しくお願いいたします。

harutokimiyo at 16:43│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
頂き物とお絵描き教室厚岸の牡蠣と今月のお絵かき教室