2007年05月07日

富士急十里木高原別荘地

5日は富士急十里木高原別荘地でGWのイベントとしてしつけセミナーがあり、
ハルルナと、実家のマロン&ダンと参加してきました。
子供の日ということもあり、途中のサファリパークや子供の国は、もの凄い
混雑で、家族サービスも大変だなぁと思いながら通り過ぎたのでした。
お天気も良く、十里木の別荘地はとても気持の良い所でした。
26e22e31.jpg

6356ebc4.jpg

先生から、犬を飼うにあたってのお話などがあり、その後、分離不安度を
試してみる事に。
2頭づつ、柵の中に入れて、飼い主が隠れてしまってらどうなるかというもの。
我が家の場合、マロン&ダンは、マロンがとても良い感じで、鳴いたりもせず、落ち着いた状態で、飼い主が隠れている方を気にしていました。
ダンは、お母さんが近くにいるので全く不安はなく、遊びモードでした。
ハルルナですが、最悪です。。。
ハルは臭い嗅ぎにご執心で、呼びかければ顔を上げはするものの、再び何事もなかったかのように臭いを嗅ぎ始め、ルナはと言うと、これが完全な分離不安で、呼んだ瞬間になんと柵を越えて私の元へ一目散に走って来たのでした。困った
やるとは思っていましたが、この柵を飛び越えたのはもちろんルナだけでした。
先生も呆れ顔です悲しい
938ef678.jpg

その後は、選別のデモンストレーションがあり、みんなもチャレンジしてみる事に。
6df3b9f4.jpg

5a398f41.jpg

意外とすんなりできる子もいましたが、ハルは全然駄目。
なんとなく臭いはかいだりするものの、だからといってそのものに興味がある訳でもなく、おもいっきりおやつの臭いを付けたのに、ハルには女の子の臭いの方が良かったのではと、後から作戦失敗だったと反省。。。
ルナはチャレンジしなかったけど、マロンはとっても上手にできました。
マロン、意外といけてます。
2d7611c8.jpg

cb6b695d.jpg

d077e22c.jpg

cc4d6a55.jpg

楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、ルナの分離不安と、意外と飼い主に執着していないハルの月末の大会初チャレンジがとても心配になった1日なのでした。

at 11:20│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字